不動産査定と不動産鑑定評価はどう違うの?

不動産売却をお考えの方は、誰しも売却価格が気になるでしょう。適正な売却価格を決めるためには、不動産会社に査定を依頼するのが有効な手段となります。一方で不動産鑑定評価を利用する方法もあります。こちらでは、それぞれの特徴や違いをわかりやすく解説いたします。

不動産査定について

不動産査定について

不動産査定とは、売主の依頼に応じて、不動産会社が対象となる不動産の売却可能な価格を求めることです。不動産会社は、REINSなどの情報ネットワークを使い、不動産会社同士で不動産の売り希望価格や買い希望価格をやり取りしています。

これらを参考にしながら、査定価格を算出します。ただし厳密には査定方法は、不動産会社によって多少異なります。よって当然、売主に提示する査定価格も違います。そのため裁判所や税務署などに提出する際の、不動産価格の根拠資料としては使用できません。

不動産鑑定評価について

不動産鑑定評価について

不動産鑑定評価とは、不動産鑑定士の有資格者が高度な知識と豊富な経験を駆使し、不動産の経済価値を判定し、貨幣額をもってその不動産の価値を示すことです。

不動産鑑定士のみが行うことができる業務のため、不動産の適正な価格を知る上で信頼度が高いです。

よって、納税のため税務署に不動産価格の根拠資料を提出しなければならない場合や、遺産分割を行う場合は、不動産鑑定評価を依頼するのが望ましいと言えます。

不動産査定と不動産鑑定評価の違い

上記で述べたように、両者とも不動産の価格を知る上では、特に明らかな違いがあるとは言えません。しかし不動産査定は、関係当事者間にのみ通用するものであり、あくまで不動産の参考価格となるものです。実際の不動産取引では、査定額を基に売主・買主間で価格交渉を行います。

一方、不動産鑑定評価は、国家資格者である不動産鑑定士が綿密に調査・分析を行い、不動産の適正な価格を理論的・実証的に導き出します。

これにより不動産鑑定評価は、関係当事者間以外の公的機関などにも通用します。

萩原で不動産売却をお考えの方は、住屋不動産にお問い合わせください。萩原・明野・高城などで、不動産売却をご希望の方のサポートを行っています。少数精鋭で対応しているため、極力無駄なコストを省くことができるのが長所です。その分をお客様に還元するなど、適切な価格をご提案させていただきます。

査定・ご相談は無料で対応しています。「売却の際の必要書類を知りたい」「まずは不動産の価値を把握しておきたい」など、ご質問・ご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。皆様の不動産売却が満足のいくものとなるよう、しっかりとお手伝いさせていただきます。萩原・明野・高城で不動産売却なら、住屋不動産へ。

萩原で不動産売却をお考えなら住屋不動産

会社名 有限会社 住屋不動産(すみやふどうさん)
住所 〒870-0918
大分県大分市日吉町18−21
メールアドレス sumiya@bun.bbiq.jp
TEL 097-558-5572
FAX 097-558-5796
設立年月日 昭和55年1月10日
資本金 ¥3,000,000
事業内容 不動産売買・賃貸及びその仲介  損害保険代理店業務
代表者 取締役 宮崎 浩一 (上野丘高卒)
統括責任者 宅建取引士 宮崎 誠一郎 (舞鶴高卒)
宅建取引士 宮崎 栄子
免許 宅地建物取引業免許 大分県知事免許(11)第1439号
社団法人 大分県宅地建物取引業協会会員
URL https://sumiya1980.com
^