住屋不動産の特徴や、対応エリア

「物件を売るなら、少しでも高く売りたい」と考える方は多いでしょう。住屋不動産では、お客様の物件を少しでも高く売る努力をしています。ここでは、住屋不動産の特徴や、対応エリアについてご紹介いたします。萩原にお住いの方は、ぜひご覧ください。

住屋不動産の特徴

住屋不動産の特徴

住屋不動産は、売主様に少しでも高く売却していただけるように、買取ではなく仲介に重点をおいています。なぜなら、買取は安く買取られる可能性が高いからです(ただし、早く売れる)

一般的に不動産会社は、買取後に物件を転売します。それ故、少しでも利益を出そうと、安く買います。通常、相場の6~8割ほどの買取価格となります。

「仲介だと、仲介手数料が高い」とお考えの売主様のために、住屋不動産では、売主様の仲介手数料30%値引きを行っています(専任媒介の場合のみ)。

片手仲介と、両手仲介の違い

片手仲介と、両手仲介の違い

売買の仲介には大きくわけて、「片手仲介」と「両手仲介」があります。

片手仲介とは、売主側と買主側の不動産会社が別々の場合です。

例えば、

  • 売主Aさんが、不動産会社Bに物件売却を依頼
  • 買主Cさんはいい物件を求めて、不動産会社Dに依頼

AさんとCさんの条件が合えば売買契約成立となり、不動産会社BとDはそれぞれ仲介手数料がもらえるというのが、片手仲介です。

両手仲介は、売主側と買主側の不動産会社が同一の場合です。

例えば、

  • 売主Aさんが、不動産会社Bに物件売却を依頼
  • 不動産会社Bは、買主Cさんを直接見つけて売買契約を結ぶ

契約が成立すると、不動産会社Bは、AさんとCさんからそれぞれ仲介手数料がもらえるというのが、両手仲介です。

両手仲介は片手仲介に比べて、仲介手数料を2倍受け取れます。そこで一般的に不動産会社は、
両手仲介をしたいと考えます。

しかし、両手仲介は買主の範囲を限定してしまうため、一番高値での売却が難しくなる可能性があります。住屋不動産では少しでも高く売るために、片手仲介にも重点を置いています。

住屋不動産の対応エリア

住屋不動産では、対応エリアを絞って不動産業を行っています。
物件の調査や案内など、頻繁に現地に行くため、物件までの距離が非常に重要です。
しっかりとした「調査、査定、案内」を行うためにも、エリアを限定して対応しています。

対応エリア

  • 大分市日吉町
  • 大分市萩原
  • 大分市明野
  • 大分市高城
  • 大分市津留
  • 大分市大在

該当エリアで、不動産業者をお探しの方は、ぜひ住屋不動産へご連絡ください。
(上記エリア以外でも、ご相談ください。)

萩原で不動産買取や仲介をお考えの方は、住屋不動産へご相談ください。萩原以外にも、明野や高城エリアにも対応しております。住屋不動産では、一番高く売る努力をすることをお約束します。不動産売却をお考えの方からのご連絡をお待ちしています。

萩原で不動産買取なら住屋不動産

会社名 有限会社 住屋不動産(すみやふどうさん)
住所 〒870-0918
大分県大分市日吉町18−21
メールアドレス sumiya@bun.bbiq.jp
TEL 097-558-5572
FAX 097-558-5796
設立年月日 昭和55年1月10日
資本金 ¥3,000,000
事業内容 不動産売買・賃貸及びその仲介  損害保険代理店業務
代表者 取締役 宮崎 浩一 (上野丘高卒)
統括責任者 宅建取引士 宮崎 誠一郎 (舞鶴高卒)
宅建取引士 宮崎 栄子
免許 宅地建物取引業免許 大分県知事免許(11)第1439号
社団法人 大分県宅地建物取引業協会会員
URL https://sumiya1980.com
^