不動産売却前に確認しておきたいポイント

高城で、不動産買取り・売却をご希望の方もいらっしゃるのではないでしょうか?不動産売却をする前に、事前に確認しておきたいポイントがあります。確認しておくことで、スムーズに売却することが可能になります。ここでは、不動産売却前に確認しておきたいポイントを、わかりやすくご紹介いたします。

抵当権を確認すること

抵当権がある物件は、そのままでは売却できません。抵当権とは、金融機関などからお金を借りた際に、不動産に設定される担保のことです。つまり、家や土地にローンが残っている状態なので、残ったまま売却することはできません。ただし売却金額でローンが完済できれば、問題ありません。ご自身の物件がいくらで売却可能なのか、残債がいくらなのか、事前に確認しておきましょう。

住屋不動産ではローン残がある物件についても、ご相談をお受けしております。お気軽にご連絡ください。

片手仲介でも、売買されているか

片手仲介でも売買されているか

売買の仲介は、「両手仲介」と「片手仲介」の2つに分けられます。

両手仲介は、売主側と買主側の仲介業者が、一緒の場合のことを言います。片手仲介は、売主側と買主側で仲介業者が異なる場合です。

おすすめは、片手仲介でも積極的に売買している不動産会社です。なぜなら片手仲介の方が両手仲介に比べて、早く高く売れる可能性があるからです。

多くの不動産会社では、両手仲介を好むことが多いかもしれません。これは買主と売主双方から仲介手数料をもらうためで、不動産会社にメリットがある仲介方法です。

片手仲介は、買主を見つけるため、広く不動産会社に情報を開示します。

片手仲介は買主の範囲に制限を設けることなく、少しでも早く高く買取ってくれる買主を探すことに重点をおいているのです。

不動産売却にかかる諸費用

不動産売却にかかる諸費用

不動産を売却しても、売却額がすべて手元に残るわけではありません。売却時にどのような費用が発生するのか、事前に確認しておくことが重要です。

仲介手数料

不動産会社に仲介で売却を依頼した場合、契約成立時や決済時に、仲介手数料を支払う必要があります。

抵当権抹消費用

ローン残がある場合は、抵当権が設定されています。ローン残の返済とは別に、抵当権抹消のための費用が必要になります。

印紙税

売買契約書に、収入印紙を貼り付けて納付します。

測量費用(境界立合い費用)

土地を実測して引き渡す場合や、境界を確認するために発生する費用です。

解体費用

売却する土地に建物(古家など)が建っている場合、建物を解体して更地にして引き渡す際に発生します。

譲渡所得税

売却して利益が出た場合、譲渡所得税(所得税と住民税)が発生します。
(ただし個人の住居用財産の売却の場合、3000万円特別控除等があります)

このように、多くの諸費用がかかってきます。
事前に不動産会社とも相談して、いくらかかるのかを確認しておくようにしてください。

建物状況調査

建物状況調査とは、既存住宅の構造上主要な部分、雨水の侵入を防止する部分を調査するものです。
2018年4月からスタートした制度です。

具体的には不動産会社との媒介契約時に、「建物状況調査を実施する者の斡旋(あっせん)の有無」という項目があります。ただし、斡旋をするか否かは、任意です。建物状況調査の実施には、費用がかかります。

高城で不動産売却をお考えなら、高城エリアで不動産仲介・買取を行っている住屋不動産へご相談ください。住屋不動産では、ご依頼をいただいた売却物件を少しでも高く売るために、片手仲介にも積極的に対応しております。売却なら仲介手数料が30%OFF(専任媒介の場合のみ)とお得になっています。高城で不動産仲介・買取業者をお探しなら、ぜひご連絡ください。

高城で不動産買取なら住屋不動産

会社名 有限会社 住屋不動産(すみやふどうさん)
住所 〒870-0918
大分県大分市日吉町18−21
メールアドレス sumiya@bun.bbiq.jp
TEL 097-558-5572
FAX 097-558-5796
設立年月日 昭和55年1月10日
資本金 ¥3,000,000
事業内容 不動産売買・賃貸及びその仲介  損害保険代理店業務
代表者 取締役 宮崎 浩一 (上野丘高卒)
統括責任者 宅建取引士 宮崎 誠一郎 (舞鶴高卒)
宅建取引士 宮崎 栄子
免許 宅地建物取引業免許 大分県知事免許(11)第1439号
社団法人 大分県宅地建物取引業協会会員
URL https://sumiya1980.com
^